大会参加心得等トップページに戻る
大会参加心得
試合について
  1. ベンチには監督・コーチ・各大会の選手・マネージャー以外は入れない。
  2. メンバー変更についてはつぎの通り。
    1. 選手変更は各大会とも学校対抗の登録選手、マネージャーに限って行うことができるが、個人戦の選手はいかなる変更も認めない。
    2. 学校対抗の登録選手変更については、地区大会・県大会ともに、試合当日、定められた時刻までに、所定の用紙(競技会案内)にて提出すること。その際に顧問の署名・捺印を必要とする。
  3. 協会登録の無い者の大会出場は認めない。
  4. 引率責任者が不在の場合、選手は大会に出場することができない。
  5. 準3級審判の有資格生徒および地区審判講習会受講生徒は顧問の代理として審判を務めることができる。
  6. 大会運営規定については、教育活動の一環としての観点から従来の規定に準じた扱いとする。
  7. 競技中の疾病の応急処置は主催者が行う。
県大会に関して
  1. 各大会には大会運営委員会を設ける。(プログラムに記載)
  2. 県大会会場の開場時刻は、試合開始30分前とする。
  3. 練習は所定の時間以外は認めない。試合前に限り、個人戦は各2分・学校対抗は各試合ごとに2分とする。
  4. 学校対抗はタイムテーブルにより進行する。オーダー提出は30分前または指示された時間とする。受付時に、顧問・代表生徒は会場使用上の注意を確認すること。
  5. 個人戦は午前8時45分から9時00分に受付(必ず選手本人が行う)、9時00分に開会式を行う。
競技上の注意
  1. 必ず本部にて受付を済ませ、プログラムを受け取るほか本部の指示に従うこと。
  2. オーダー用紙は指定された時間に指定用紙に記入の上本部に提出すること。
  3. 指定された時間までにオーダー用紙の提出の無い場合、または試合開始までにコートへ集合・整列しなかった場合は棄権とする。
  4. 試合開始10分前には試合の出来る服装で集合・整列すること。
  5. 試合の進行に応じて並行試合を行う場合がある。
  6. すべての試合は2ゲーム先取で終了する。
審判上の注意
  1. 試合終了の挨拶ののち敗者校の主審は、ただちに本部まで審判用紙を取りに来ること。
  2. 主審の認めたタイム以外は一切認めない。
  3. シャトルの交換は主審が必要と認めたときに限る。
  4. 競技規則第12条・14条・16条などを精読しておくこと。
  5. 各ゲームにおいて、どちらかの選手が11ポイントに達した時点で、60秒を超えないインターバルが取れる。また、各ゲームの間に120秒を超えないインターバルが取れる。
    11ポイントに達した時点でのインターバルにおいては、競技区域内を離れられない。
  6. 次のような行為は厳に慎むこと。
    1. 時間かせぎのための汗拭きや靴ひものしめかえ。
    2. 長いサーバーの静止。
    3. 遅いレシーバーのかまえ。
    4. 相手を威嚇するような行為。
    5. コートをむやみにかけまわる行為。
  7. 上記6のような行為を行った選手に対して主審は厳重に注意し、フォルトを取ることができる。
  8. 監督・選手が主審の注意に従わないときは、主審はレフェリー(競技役員長)の指示を受けること。
  9. 抗議は一切認めない。質問のある時は礼儀正しく当該監督・選手が行うこと。
    主審の判定に服しないときは、その試合を放棄したものとみなす。
  10. 異議の申し立ては書面でレフェリー(競技役員長)に提出すること。
  11. 応援は拍手を中心とした節度ある応援とする。ただし、
    1. 審判上、支障がある場合には、その指示に従う。
    2. ラリー中は、一切応援しない。
    3. ラリー中でなくても長いかけ声をかけるなどして試合の進行を遅らせるような応援はしない。
    4. 試合中(インプレー中以外)の選手へのアドバイスは、禁止である。
      競技規則16条第5項(1)については、大会運営規定第4章22条により、神奈川県高体連バドミントン専門部では採用しない。
    指示に従わない場合は、応援の人でも体育館より退場になる。
    場合によっては、選手を失格にする。
    • 会場の使用上のマナーについても十分注意してください。例えばラリー中にコート内を横断したり試合の進行の妨げとなるような行為を慎むようにすること。また、ゴミは必ず持ち帰ること。
その他
  1. 地区組み合わせ会議・大会の日程・会場は、大会前に各地区総務委員から送付されるので注意すること。
  2. 県大会については、県競技委員会における組み合わせ会議を参照のこと。
    終了後に、各地区競技委員または本サイトより連絡するので留意すること。又、団体戦においてタイムテーブル使用の試合については、初回戦の試合の審判もタイムテーブルに記載しますので所定の時間に集合すること。
  3. その他の問い合わせは各地区常任委員までとする。
  4. 競技中は疾病・傷害などの応急処置は主催者で行うが、その後の責任は負わない。なお、参加者は健康保険証を持参すること。また、各会場毎にLEDの設置場所を確認すること。
  5. 運動選手としてふさわしい服装・言動を常日頃より心がけて下さい。
  6. みんなの「力」でバドミントン競技をより大きく育て発展させましょう。
  • 地区予選の会場未定の所は、地区総務委員から後日連絡する。
  • その他の問い合わせは各地区常任委員までとする。
大会参加時のマナーについて
大会参加時のマナーについて
  1. 大会開場時刻の原則30分以上前には会場にこないでください。
  2. 体育館が開くのを待っている間は、話をしないでしずかに並んで待っていてください。
  3. 体育館が開いたら、押し合ったりせず前の人から静かに順番に入場してください。
  4. 更衣室等の場所取りはしないでください。
  5. 自分で出したゴミは自分で家まで持ち帰ってください。
  6. 観客席で立ち上がって応援したり手すりに寄りかかって応援したりしないでください。
台風等に伴う公式戦実施の可否の判断について

県高体連主催の公式戦実施日に台風による暴風雨ならびに交通機関の混乱が予想される場合、以下のような流れで実施の可否を判断する。また、様々な影響により、気象に関する特別警報が一つでも発令された(されている)場合も、以下のような流れで実施の可否を判断する。

(注)ここでいう気象に関する特別警報は、大雨・暴風をさします。

地区予選

午前6時の時点で、台風の接近により該当地区のどこかに大雨警報と暴風警報の両方が発令された(されている)場合、または気象に関する特別警報が一つでも発令された(されている)場合、その日の公式戦は延期とする。上記の規定にかかわらず、前日までに状況を勘案し延期する場合もある。

県大会

午前6時の時点で、台風の接近により神奈川県内のどこかに大雨警報と暴風警報の両方が発令された(されている)場合、または気象に関する特別警報が一つでも発令された(されている)場合、その日の公式戦は延期とする。上記の規定にかかわらず、前日までに状況を勘案し延期する場合もある。